性器ヘルペスとは

性器ヘルペス(せいきへるぺす)とは、ウイルスの1種とされる単純ヘルペスウイルスが感染して発症する性感染症の1つです。

この単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、「1型=口唇ヘルペス」「2型=性器ヘルペス」と分類しています。

ただし、オーラルセックスも増えてきたため、必ずどちらかに該当するというわけでもありません。

病因はヘルペスウイルス科アルファヘルペスウイルス亜科に属しているDNAウイルスが原因となります。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペス症状

主な症状としては水泡が潰れる事により、潰瘍状になり色素沈着して治ります。

痛みや神経痛を伴うのが特徴で、患部近くの神経を麻痺させる可能性があります。

また、排尿障害や排便障害など、機能障害を起こすこともあります。

初めて感染した方の性行為の相手のおおよそ70%が無症状との報告もある為、発見しづらく、症状がでない性器ヘルペス患者が多い事も覚えておく必要があるでしょう。

性器ヘルペスの治療方法

性器ヘルペスの主な治療方法は、抗ヘルペス剤のバラシクロビル成分を含むバルトレックスを1年間定期的に服用する事です。

また、抗ヘルペス剤軟膏の塗布と併用して治療するのを基本としています。

再発抑制療法の場合は、感染者の再発を防止する効果もあり、また、性行為のパートナーへの感染も軽減できる事が確認されています。

また、現在では完治薬の研究も開発中で、日本では単純ヘルペス感染症の仕組みも解明されています。

この完治薬の開発を期待しておきましょう。

ヘルペス治療薬のバルトレックスは正規品を含め、海外からジェネリック医薬品を輸入することで購入することができます。

ただし、海外からの輸入の場合には怪しい通販サイトやホームページからは購入しないことをオススメする。それは偽物も多く出回っているからである。

医薬品特集

  • 性病種類一覧
    感染しやすい性病を一覧で紹介しています。診察科や治療薬もご紹介。
  • 抗生物質とは
    性病に効果的なペニシリンなどの抗生物質についてまとめています。
  • 性病治療方法
    性病の治療方法を症状別に一覧で紹介しています。参考にしてみましょう。
  • その他の性病
    メインで紹介している性病とは別に、発症する可能性のある症状をまとめています。

このページの先頭へ