性器カンジダ症とは

性器カンジダ症(せいきかんじだしょう)は分類が難しい不完全菌に属している性病で、単細胞性を示す真菌類に該当する酵母の代表的な症状です。

性器周辺などの体表に存在している常在菌ですが、基本的に健康的な人はこの菌を免疫によって増加しないように防いでいます。ただ、体調不良などで体の免疫力が低下した際には菌が繁殖してカンジダ症を発症する可能性もあります。

このカンジダ症は通気性も重要で、男性の場合はペニスが体外に露出している事が多いので、菌も増殖しづらいのですが、女性の場合には性行為をしたことがない(処女)の方でも発症したり世紀にかゆみなどを感じてしまう事があります。

また、男性に関してですが、通常ペニスがむき出しになっていれば感染しにくいとしていますが、包茎の場合には感染するリスクも高まりますので、包茎治療をしておくことをオススメします。

※こんな時にも菌が繁殖してカンジダ症を発症する可能性がある。

・体調不良・ストレス・過労・月経前・妊娠中・性行為・抗生物質の使用

カンジダ症の症状

カンジダ症状

カンジダ症に感染してしまった際の主な症状としては、強めのかゆみを感じてしまう事が多いです。

他にも白くドロっとした塊状のおりものや亀頭から分泌物がでる。

膣口・陰茎・亀頭など、外陰部が赤くなったり、真っ赤に炎症することもあるようですので、症状は気づきやすいかもしれません。

カンジダ症の治療方法

カンジダ症の治療方法は何通りかありますが、まず事前対策としては生活習慣の見直しと身体環境を整える事大切です。

感染してしまった際の治療方法も下記にまとめてみますので、参考にしてみてください。

・ビタミン剤など、飲み薬の治療や軟膏クリームなどを該当する患部に塗布する。

・毎日膣坐薬を挿入するか、1週間ほど効果が持続するタイプの坐薬を挿入する。

・抗真菌薬の軟膏クリームを塗布して治療。

・善玉菌を洗い流さない程度に膣洗浄を行い、日常的に清潔感を保つ。

・栄養不足にならないよう、規則正しい食生活を意識する。

医薬品特集

  • 性病種類一覧
    感染しやすい性病を一覧で紹介しています。診察科や治療薬もご紹介。
  • 抗生物質とは
    性病に効果的なペニシリンなどの抗生物質についてまとめています。
  • 性病治療方法
    性病の治療方法を症状別に一覧で紹介しています。参考にしてみましょう。
  • その他の性病
    メインで紹介している性病とは別に、発症する可能性のある症状をまとめています。

このページの先頭へ