性器クラミジア感染症とは

性器クラミジア感染症(せいきくらみじあかんせんしょう)とは、性病の1種です。

病源体は「クラミジア・トラコマチス」というもので、目や性器に感染するクラミジアです。

クラミジア感染症の主な原因としては、性行為・オーラルセックス・キスなどをすることによって粘膜から感染したり尿道や膣内から感染する事があります。

また、通常のキスよりもディープキスの方が感染率が高いとしています。

10代など若年層での感染報告も多くなっていて、海外よりも日本の感染率が高く危機感を示している医師もいるという現状があります。

クラミジア感染症の症状

クラミジア症状

感染した際の症状としては、男性と女性で異なりますので、下記にまとめてみましょう。

【男性】
尿道から透明な膿がでて、痛みを感じることがある。放置してしまうと、尿道経由で前立腺炎や肝炎・副睾丸炎などを起こす可能性があります。

【女性】
女性特有のおりものが増えたり喉からの感染の場合には喉が痛くなり痰が増える事もあります。放置してしまうと、急性腹膜炎、子宮頸管炎・卵管炎などになり、不妊の原因にもなってきます。

また、産道感染によって新生児に影響がでたり、流産・早産の原因にもつながってしまいます。他にもクラミジアに感染している事によってHIVへの感染率が高まるという危険もありますので、注意が必要です。

クラミジア感染症の治療方法

クラミジア感染症の治療方法は主に病院で検査してもらう方法か性病薬を服用しての治療となります。

男性は「泌尿器科・性病科」女性は「産婦人科・性病科」へと行き、性病の検査を受けて感染しているかを調べます。

病院での治療方法は抗生物質や抗菌剤を使用します。使用する抗生物質の種類は(テトラサイクリン・マクロライド・ニューキノロン)などがあり、2週間程度様子をみていきます。

薬での治療に関しては、事前に専門の医師に相談をしたうえで、正しい成分を含んでいる性病薬を購入し、自宅で服用しながら様子をみていきます。

また、喉から感染した際には、性病科などではなく、「耳鼻咽喉科」での受診が必要ですので、このあたりも覚えておきましょう。

医薬品特集

  • 性病種類一覧
    感染しやすい性病を一覧で紹介しています。診察科や治療薬もご紹介。
  • 抗生物質とは
    性病に効果的なペニシリンなどの抗生物質についてまとめています。
  • 性病治療方法
    性病の治療方法を症状別に一覧で紹介しています。参考にしてみましょう。
  • その他の性病
    メインで紹介している性病とは別に、発症する可能性のある症状をまとめています。

このページの先頭へ