淋病とは

淋病(りんびょう)とは、グラム陰性双球菌である淋菌への感染によって発症する性感染症です。

この淋病の主な感染経路は性行為やオーラルセックスによって発症します。

また、タオルなどから感染したり、出産のときに母子から感染することもあるので、注意が必要です。

淋病の感染率はおおよそ30%として、感染者も年々増加している傾向があります。

淋病の症状

淋病症状

淋病の病名としては、男性の場合「淋菌性尿道炎」、女性の場合「子宮頚管炎」があります。

また、咽頭炎を発症することもあり、尿道、子宮頸部、直腸などの内膜や、眼の結膜を侵食していきます。

感染してからは数時間から数日で発症するとされていて、男性の症状としては、排尿する時や勃起する時に激しい痛みを伴います。

女性の場合には、症状が出にくく自覚症状も少ないので、膀胱炎や膣炎と判断されてしまうこともあります。

淋病の怖い所は繰り返し再感染してしまうところなので、十分に注意して治療に臨みましょう。

淋病の治療方法

淋病の治療方法は他の性病と同様に性病薬での治療や抗生物質を使用した治療法があります。

病院で診察してもらい治療する場合は下記を参考にしてみてください。

【男性の場合】

・泌尿器科・性病科

【女性の場合】

・産婦人科・性病科

※咽頭感染の時には耳鼻咽喉科となります。

また、治療方法としてはスペクチノマイシン・セフォジジム・セフトリアキソンの抗生物質を使用して治療していきます。

おおよそ数日~数週間の治療となり、病院で処方された薬は使い切る事が重要です。勝手な判断で薬の服用をやめてしまうと再発するリスクが高まります。

医薬品特集

  • 性病種類一覧
    感染しやすい性病を一覧で紹介しています。診察科や治療薬もご紹介。
  • 抗生物質とは
    性病に効果的なペニシリンなどの抗生物質についてまとめています。
  • 性病治療方法
    性病の治療方法を症状別に一覧で紹介しています。参考にしてみましょう。
  • その他の性病
    メインで紹介している性病とは別に、発症する可能性のある症状をまとめています。

このページの先頭へ